中西統合医療

中西統合医療

根拠に基づいた西洋医学と
自然治癒力の向上を得意とする東洋医学の
調和がとれた医療をめざします

中西統合療法は9月末を診療開始予定としており、ご予約開始の際は当WEBサイトにてお知らせいたします。

現代はペットの超高齢化社会となっています。
検査では異常が認められないが、「なんとなく調子が悪い」「なんとなく食欲がない」などを主訴に動物病院に来院するケースが増えてきました。
このような状態は未病といい、現時点では問題はないけれど、やがて発病に至るであろうと予測される病気のことをいいます。
西洋医学は、検査で異常を見つけ、診断しなければ治療がなかなかできません。
しかし、中獣医学(東洋医学)は、獣医師の五感をフル活用させ、動物の体に現れるサインを中医学的に診断することで治療をはじめることができます。
西洋医学と中医学を状況に合わせて、上手に使いうことで、ペットが心身ともにより快適に過ごせる可能性が広がります。

対象疾患

  • 免疫力の向上
  • アンチエイジング
  • 椎間板ヘルニア
  • 事故やケガの後遺症
  • 神経疾患
  • 内臓疾患
  • アレルギー疾患
  • アトピー性皮膚炎
  • ストレス性疾患

など多岐にわたります

治療に関して

鍼灸体の表面にあるツボを刺激することにより、体全体の気の流れを良くし、本来持っている自然治癒力や免疫力を高め、健康な状態に戻していく治療法です。
体に冷えがみられたり、リラックス効果を高めるためにもぐさを使用したお灸を併せておこなうこともできます。
鍼に敏感な子はお灸だけでも効果が得られる場合もあります
漢方現れている症状だけでなく、体質や体力、気候、環境などを総合的に判断して処方します。
薬とは異なり、即効性はありませんが、緩やかに体質を改善することが得意です。

注意事項

  • 中西統合医療は完全予約制です。まずはお電話でお問い合わせください。
  • とても時間がかかる診療ですので、お時間に余裕をもって来院してください。
  • 体に触れられる事を嫌がる子や攻撃性・興奮しやすい子は施術できない場合があります。
  • 妊娠中や重度感染症が疑われる場合、癌や肉腫など腫瘍性疾患を患っている場合は施術できないことがあります。
  • 西洋医学を完全に否定されるお考えの方はご遠慮ください。
  • 現在、猫ちゃんはお受けしていません。